MENU

福島県沖地震とバカタレ

  • URLをコピーしました!
目次

携帯の緊急地震速報

ブログへのご訪問ありがとうございます。

12月13日、福島県沖の地震で被災された皆様へ心からお見舞い申し上げます。
一日も早い復興をお祈りいたします。



「ギュインギュイン 地震です。地震です。」

携帯の悲鳴が鳴ったと思ったら、すぐ大きな揺れが来た。

上掛けの布団にかけてあるカーディガンをソッコーで羽織る。
その間にハウスで寝ているココに声をかけ起こした。
どんどん揺れはエスカレート。

コワイ、コワイ、コワイ。💧💧

築30年以上の我が家は、10年前の東日本大震災にも耐えた家。
でも、あれから10年。
ちょっと強めの地震が来ると、崩れ落ちるんじゃないかと不安になる。

私は地震が来たら、とにかく外に出るんだーって体が反応しちゃう。
これが正しいのかはわかんない。
きっと、心臓の音にココはびっくりしてたはず。

ココを抱いて階段をお尻歩きしながら降りた。

携帯が鳴ってから階下に降りるまで15秒ほど。
我ながら早業。
階段を降りて、下にいる父に声をかけても、揺れでガタガタしているから返事が聞こえない。

パニック!

玄関を開けようか、一瞬迷う。

開けた途端、ネコのまるが走り出して来たら大変。
そのまま外に出て行ってしまったら!


そんな最悪なことを頭の中で判断していると、ようやく揺れがおさまってくれた。

父が茶の間のドアを開けて、「大丈夫か。」と。

心臓はバクバク。

あ~コワかった!!!!!

福島主張の主人はいずこ

昨日は家人がちょうど福島に出張に行っていた日。

夕方、主人から二本松のホテルに泊まると連絡があって。

いつも出張に出る時は、ホテル名を記していく彼ですが今回は時間が読めず、どこに泊まるか決めていなかった。

電話があったとき、ホテルの名を聞いたはずなのに、なぜかメモしなかったことを心から後悔。

こういうこともあるんだ。
天災っていつくるかわかんないもんじゃん
何かあったらどうしよう。

どこに泊まるって言ったっけ?
えーと、えーと、二本松のどこかだったっけ?

NHKをつけると震源地は福島沖で主人の滞在先とドンピシャ。

落ち着いたと思ったら、また一気に不安に。 

しつこく電話を鳴らし、ラインもし、また電話をして。
でも連絡つかず。

一番心配だったのはホテル火災
広い範囲で停電が起こっているとニュースでいっているし、あ、私の近所で消防車の音するじゃないの!

たぶん、たぶん、彼は、飲んで寝てしまったのだろうとは思うけど。

彼はお酒を飲んで寝ると、めったなことでは起きない仕様になっているのを知っているけど。

さすがに震源地の中心近くにいて、今の地震で起きないとは考えられなかったので不安は増すばかり

鈍感も度が過ぎるよね

余震でやってくる弱い地震を感じるたび、一緒にベッドに入っていたココの背中をなでなで。

ココは毛並みは悪いけど、あったかくて触っていると落ち着く。

そのうちうとうとしていたら、夜中の1時を回ってようやく家人が電話してきた。

「何があったの?何度も電話。」

だって。

コレコレシカジカ。ドンカンニモホドガアル。
バカタレ。バカタレ。

怒りの感情を抑えるために自分をロボット化してみました。

腕をグルグル回しているとイメージしてください
こんな可愛いロボットじゃないですけどね


今朝無事に帰ってきました。
やれやれ。

最後まで読んでくださってありがとうございます。
   まる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次